2010年06月15日

宮崎・都城でも口蹄疫症状確認(産経新聞)

 山田正彦農林水産相は9日、宮崎県都城市で口蹄疫(こうていえき)とみられる症状のある牛3頭が見つかり、同市長に対し、直ちに殺処分するよう指示したことを明らかにした。

 山田農水相は「遺伝子検査の結果がまだ出ていないが、写真判定では限りなくクロに近い」と述べた。殺処分の対象は牛約250頭という。

 宮崎県ではこれまで、都農町など2市5町で口蹄疫が確認されている。

【関連記事】
山田農水相 口蹄疫早期終結へ全力
口蹄疫無感染のエース級種牛の写真公開
3年間で11人交代 “鬼門ポスト”の農水相
宮崎牛ブランドの命運は… 種牛を遺伝子検査
東国原知事、口蹄疫「夏休み前に終息」 来週14万頭埋却

iPad向け、本の「格安」電子化業者が出現(読売新聞)
<七夕の夜>水都・大阪に地上の天の川(毎日新聞)
財産は後継機「はやぶさ2(仮称)」へ 太陽系の大航海時代幕開け(産経新聞)
口蹄疫 宮崎市が運動公園を閉鎖…高校野球県大会会場(毎日新聞)
子ども手当「満額」見送りを=蓮舫行政刷新相(時事通信)
posted by キタザワ マサオ at 20:23| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。